看護師というのは今でも慢性的に人手が

看護師というのは今でも慢性的に人手が不足しています。この人手不足をなんとかするには、看護師の資格を持っていながら看護の仕事をしていない方に、看護師としての仕事に就いてもらうことが良いと考えます。
そのためには、柔軟な働き方が出来るように、医療機関が良くない部分を改めていくことが重要です。退職金の金額を心配している看護師も存在するかもしれません。
退職金は、国立とか県立の病院であれば、金額が大きくなります。
国立や県立の病院の次に多いのが、大学病院になるでしょう。
小さいクリニックでは、多くありません。
どうしても、夜に仕事をする機会が多いため、全ての人にとって良い仕事場ではないですが、一般的に言えることは、規模が大きい医療機関の方が待遇が良いです。知りあいが病院に入院していたのでおみまいに行ってみたら、看護師さんが、複数の患者への対応をしている様子を見かけたのです。患者さんの中には体の自由がきかないために、頻繁にナースコールをしなければならない人もいました。看護師さんという仕事は、医療に関わらない一般人からみても、苦労続きだと思います。急な交通事故で、救急搬送された際に、医師が見つけられなかった鎖骨が骨折していることに気づいて処置をしてくれたのは若い看護師さんだったのです。後で知ったのですが、かなりお若いのに看護師長の地位でした。
能力評価が正しくされた結果なのだと感じます。
実は、看護師の初任給は仕事の割に少ないと思います。
病院に入院して看護師の仕事ぶりをみていると、重病な患者がいなければ、定められた時間に一定の作業をするだけですが、それだけでもかなり大変です。
重篤な患者が入院している際には、ますます多忙となってしまい、気持ち的にも相当ストレスが強まるでしょう。